幹事のセンス景品を選ぶポイント

結婚式二次会の景品で準備しておきたい数は?

 

結婚式二次会の景品を用意するとなった時に気を付けておきたいのは、
何と言っても内容です。

欲しいと思えないような物ばかり集めてしまっては、
ちっとも盛り上がらなくなってしまいます。

また、もう1つ気を付けておきたいのが、準備する景品の数です。
いくら魅力的な景品を準備したとしても、数が少なすぎてしまっては、
もらえる人も少なくなりますから、結婚式二次会が盛り上がりにくく
なってしまうものです。

問題は、どのぐらいの数の景品を準備しておくかですが、
10人に1人ぐらいは当たるようにしておきたいところです。

これぐらいであれば、景品の内容がしっかりとしていれば、
十分許容範囲だと言えるでしょう。もっと高確率で当たるようにするのも
問題ありませんが、あまり増やしすぎると予算が厳しくなってくる場合が
ありますので、そのへんのバランスも気を付けておきたいところです。

以上のことから、結婚式二次会の参加者が30人ぐらいであれば、
魅力的なアイテムを3点から5点ぐらいそろえておけば、
まったく問題ないと言えるでしょう。